2015年02月26日

周期性四肢運動障害

今朝、史上最悪の眠気と戦いながら、車を運転して出勤していました。
前を走る車が二重に見えて、運転しながら次第に中央線に寄ってしまい対向車が接近して肝を冷やす場面が何度か。
車を路肩に停め、出勤時間ギリギリになるまで何度も休憩しながら職場に向かいました。

とにかく酷かったです。



それでタイトルのことなんですが。

昨日の朝にテレビ欄を見た際、NHKの『ためしてガッテン』で睡眠障害のことを取り上げてあったのに気がついたので、昨日は早めに帰って番組を見ていました。

そこで睡眠障害として出てきたのが、タイトルに書いた「周期性四肢運動障害」です。
(番組内では「しゃっくり脚症候群」と言っていました)
テレビでこの睡眠障害の方の様子が映されていたのですが、この方の体の動きが私の経験しているものにそっくりでした。

気になる方は調べて頂けると助かるのですが、私の場合はこの動きが寝ているときだけでなく覚醒しているときも起こっています。
起因材料はストレス。ストレスが高まると、左足だけ私の意志とは無関係に動きます。酷いときは10秒間で4〜5回は左足が「ピクッ」と勝手に動いています。座っているときだけでなく、立っているときも歩いているときも、ストレスが高まっていると起こりますね。
これがですね、車の運転中も起こるんですよ。幸いAT車を運転しているので、左足が動こうが運転に支障は起こらないんですが、それでも眠気は酷いですね。

あと、ストレスを感じた際に左足が勝手に動くのと同時に(表現が難しいのですが)「気を失いそうになるような眠気」が襲ってきます。立ってたりしてても後ろに倒れそうになるのを何とか踏ん張ってこらえている状況でして、周囲から見たら変な動きをしているように見えるんでしょうけれども。

起きているときにこの状態だと、寝ているときは果たしてどうなっているのでしょうか。
夜中に赤外線カメラで撮りたいぐらいですね(笑)

ただ真面目な話、睡眠外来に行きたいなぁ〜と思っています。
もう正直この眠気には一昨年あたりから悩まされていますし、なかなか改善しないので、そろそろどうにかしないといけないと感じています。
幸い昨日の番組内でヒントをもらえたような気分になったので、どうにかできればと思います。

皆様も、どうか安全運転で。

今日はここまで。
posted by m-sat at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414715404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック