2015年04月19日

'15CL第3節VS名古屋

今日はルネサンスのチャレンジリーグホーム開幕戦ということで、水前寺まで行ってきました。
メインスタンドには、なかなか多くの方々で席が埋まっていました。おそらく、選手の皆さんの勤務先の方々かな?とおぼしき方もいらしていたので、賑やかな応援になっていましたよ。

そんなホーム開幕戦の様子です。



'15CL03.JPG

'15プレナスチャレンジリーグWEST第3節

VS NGU名古屋FCレディース

@水前寺競技場


写真は、今日購入してきたタオルマフラーと、サポータークラブ会員証です。
タオルマフラーは今日サポータークラブに登録して購入すると割引特典があったので、即購入しました。

試合前は雨の予報でしたが、結果としては降りませんでした。
ただ、蒸し暑さに包まれていました。水分摂るたび汗が流れ出るほどの気候でした。

さあ試合です。
昨季の入替戦でも思いましたが、スタジアムにアナウンスがあるって良いですね。
それと、試合経過の時計と得点板(手動)まである!
(本来なら電光掲示板が使えたら良いのですが・・・)

前半立ち上がりは益城ペース。ゴールを脅かす場面もあるのですがネットを揺らせず。

試合が動いたのは前半10分。
名古屋陣内で益城からボールをカットし、そのまま益城陣内へ名古屋の選手が持ち込み、鮮やかなシュート。

先制は名古屋。

ここから流れが変わりましたかねぇ・・・。
失点前までは明らかに益城ペースだったのが、この後は名古屋ペースに。
外から見ていると、名古屋のプレーに「怖がってしまったような」プレーを益城の選手たちがしているように感じられました。

後半。

ハーフタイムで上手く修正できたのか、プレーとしては前半よりも改善されていました。
チャンスは作れていましたが、シュートが枠に飛べば・・・というシーンが多かったように感じます。

そういう意味で言えば、今日の決定力に分があったのは名古屋。

するするっと益城陣内にサイドから攻め込み、またもやネットを揺らしてしまいました。
追加点も名古屋。

この失点には私もショックが大きかった。
後半は前半よりもプレーの出来は良かっただけにですね。その中での限られたピンチが即失点に直結してしまいました。

そして81分。
名古屋のCKからゴール前の混戦を押し込まれ3失点目。

時間を考えると勝利は難しい状況になってしまったのですが、この直後にスタンドからの声援と手拍子が沸き起こっていたのが、選手たちに耳に聞こえていたでしょうか。

「頑張れ!」「あきらめるな!」「まだ終わってないよ!」

自然と湧き上がる声援と手拍子に、私も奮い立たされました。
その後に益城が連続でCKを獲得した場面が、この日最高潮の盛り上がりを見せましたよ。

背中から沸き起こる手拍子に、自然と声量も上がります。
「なんとか1点を!」の思いを乗せましたが、シュートがクロスバーに阻まれる場面もあり、無念の結果に。

益城ルネサンス熊本0−3NGU名古屋FCレディース


悔しいですね・・・。

リーグ公式サイトに試合の公式記録が載っていますが、この日のシュート数は14対9で益城が上回っていたんですよね。逆に言えば、名古屋が少ないチャンスをモノに出来ていたということです。

あと感じたのは、このリーグに昇格してきて相手のあたりの強さのレベルが違ってきていますね。
競り合いに対して九州リーグでは優位性を保てていたのが、この試合では互角あるいは競り負ける場面も。
相手選手のプレーを見ていても、ミスが少ないです。最終ラインでも変なボールの保持をしないですし、トラップも正確なので大ピンチに陥ることも少ない。

リーグのレベルが違うから当然なんですけどね。

早くこのレベルに慣れてほしいなと思います。
まあ開幕してこの試合しか見ていないので大きなことは言えませんが、とにかく皆さんなら勝てると思いますよ。
今日も前半立ち上がりの押している時間に先制点を奪えていれば、180度違う試合展開に持ち込むことも可能でしたでしょうし。

日々の練習を、そしてチームメイトを信じて頑張っていきましょう。

今日はここまで。
posted by m-sat at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ルネサンス熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック