2015年12月13日

チャレンジリーグ入替戦第2戦VS鴨川

メロンドームから田んぼの間をてくてく歩いて、11時前には七城のグラウンドに到着。

ちょっと早く着いたかな?と思いましたが、運営の皆さんは受付テントで元気に動いておられました。
今日も笑顔満点のサービスに、気持ちを温かくしながらスタンドに向かいました。



rfc'15.12.13a.JPGrfc'15.12.13b.JPG

'15チャレンジリーグ入替戦第2戦

VS オルカ鴨川

@菊池市七城運動公園サッカー場


試合開始時間が近づくにつれ、七城のスタンドがみるみる人で埋まっていきました。
来場者には、ペットボトルにモノを入れてシャカシャカ鳴る手作りの「マラカス」のような音が鳴るペットボトルが配られていました。

今日はスタンドの最前列に居たのですが、背中から大音量でシャカシャカ聞こえる音に、これだけの人が七城に集まったのだと実感させられました。

試合は前半、鴨川に再三CKで攻め込まれる場面が続きましたが、気迫で跳ね返す益城。
そんな中生まれたのが、

#11 倉原穂奈美 先制点!

これで「同点」。
スタンドは一気に沸きます。

益城の攻撃は、これで終わらない。

#11 倉原穂奈美 追加点!

この2点目の持つ意味は、スタンドの雰囲気が大いに物語っていました。
この追加点により、第1戦との合計スコアは「逆転」。
それはすなわち、チャレンジリーグ残留を近づける得点になったわけです。

この時点で、アウェイゴールの関係上延長戦の可能性は消滅。
あとは「中立を失ったシーソー」がどちらに傾くか、という試合展開になってきました。

もし鴨川に1点でも返されれば合計得点は2-2ですが、アウェイゴールの関係で鴨川の「再逆転」。
その状況に、前半の益城イレブンが出した答えは、
守りではなく攻めの一手。

前半終了間際に鴨川ゴール前に迫力ある攻撃で近づいたのですが、相手GKの堅守に阻まれ3点目はなりませんでした。



そして運命の後半。

鴨川の選手たちは、ピッチ上で半円の「円陣」。
残りの半円は、バックスタンドに陣取った鴨川応援席と気持ちで繋がっていたように見えました。

益城側も応援でも負けられない。
七城のスタンドで再度気持ちを1つにし、後半に臨みます。

「45分後には残留だ!」そう心に決めて。

さあ、予想していたとはいえ、益城に「逆転」を許し攻撃に圧力をかけてきた鴨川。
後半は益城陣内でのプレーが多くなってきました。

何度も鴨川の猛攻を凌いできた益城守備陣。
ところが、その瞬間が来てしまいました。

66分 鴨川に1失点。

大喜びで鴨川応援席へ駆け出していく選手たち。
この日のスコアは2-1で依然益城リード。
ですが、選手たちのその喜びを表す理由は「再逆転」。

ただ、まだ時間はある!
1点でいい!1点でいいから!

その1点を呼び込むための応援が、再度七城のスタンドで巻き起こります。
スタンドの座席はすでにびっしり。
後ろの通路には立ち見の方々もいる。
スタンドに登ってくる階段のところにも人で溢れかえっている。

事前にクラブが必死に集客を訴えていました。
色んな人が、本当に色んな人に声をかけたことと思います。

そして、本当にこれだけの人が集まってくれた。

「みんながついてるから!」

もつれて倒れても、顔を上げて必死に食らいつく選手の表情がはっきりと見えます。
その後の鴨川の攻撃を受けつつも、しかし失点は許しません。
スタンドで感じる応援の音は、次第に大きくなるのが背中で分かります。
チャントの合間に、スタンドから「頑張れ!」「攻めろ!」の声があちこちから聞こえます。


それでも。
近づいてくるタイムアップの瞬間。

「早く終わってくれ」と願った後半開始前。
「頼む!まだ終わらないでくれ!」と願う後半終了間際。

シーソーはもう、中立には戻らない。
気持ちも含めて、180度傾いたシーソーを戻すべく、必死の声援がスタンドから飛びます。

鴨川応援席も必死の声援。昨年のアイスタでの自分たちを思い出しますが。
しかし、負けられない。

まだ笛は聞きたくない。
タイムアップの笛は、益城の追加点が訪れてからにしてくれ。

そう願う必死の気持ちが、ついに無情の笛でかき消されてしまいました。


益城ルネサンス熊本2−1オルカ鴨川

2戦合計

益城ルネサンス熊本2−2オルカ鴨川
(アウェイゴール数により鴨川の昇格が決定)



喜びを爆発させる鴨川の選手たちと。
下を向きスタンドに歩いてくる益城の選手たち。

スタンドからは、選手の皆さんを責める人は誰もいませんでしたよ。
今日の皆さんの奮闘は、駆けつけた人全ての目に焼き付けられたはずです。
だからこそ、前を向いて、上を向いていこうと。
そういった声が皆さんへ向けられたんだと思います。


そして、オルカ鴨川の皆さん。
チャレンジリーグへの昇格おめでとうございます。
公式HPでのブログを拝見しましたが、この試合に臨む熱い意気込みが伝わってきました。
愛されているチームですね。
試合終盤、「リード」している鴨川の選手たちは、時間稼ぎをするわけでもなく益城ゴールに攻めかかっていました。その姿勢は、敵ながら清々しい気持ちで見ていました。
そういった試合運びは、きっと見る者の心を掴むのでしょうね。

互いのサポ同士でエール交換。
帰り際にばったりお会いした鴨川の方に「頑張ってください!またやりましょう」と伝え。
向こうからは「待ってます!」の返事を頂きました。
またやりましょう。今度はリーグ戦で。
それまで、頑張ってください!


最後に、スタンドに来て頂いた竹内さんと握手。
試合終わってから来季に気持ちを切り替えていたんですが。
たけさんの顔見たら涙がこみ上げてきちゃいましてね。
昨年もアイスタでたけさんと握手してグッときてしまったのを思い出して。
たけさんの顔見て握手できませんでした。ごめんなさい。
でも他の方も言われてましたが、たけさん居れば九州リーグに降格しても大丈夫な気がします!

スタンドでも言いましたが、また上を目指していきましょう!

そして選手の皆さんも、本当にお疲れ様。
九州リーグ降格は悔しいですが、またあの昇格の喜びを味わえるように歩いていこう。
今日みたいな試合が出来れば、来季は益城ルネサンス熊本が昇格候補ダントツで一番ですよ。
そう信じています。

益城ルネサンス熊本は、みんながついてる。

満員に埋まった七城のスタンドと。
今日来れなかった益城ルネサンス熊本を愛するすべての人が。

きっと来季の昇格を後押ししてくれます。

ルネサンスの持つ言葉は、「再生」「復活」
その名の通り、来季また上を目指していきましょう。

今日はここまで。
posted by m-sat at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ルネサンス熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431124959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック