2016年05月22日

'16J2第14節VS水戸

日立台を熊本のホームとして提供していただいた柏レイソル関係者の皆様には、深く感謝します。
そしてその日立台を大勢の人で赤く染め上げた皆様も、本当にありがとうございます。

今日の試合は、紛れもなく熊本のホームカラーそのものでした。



'16J2第14節

VS 水戸ホーリーホック

@日立柏サッカー場



「せめて引き分けでも」と思った終盤での失点。
今の熊本には重すぎる失点でした。

一番悔しいのは選手たちでしょう。
連携も、コンディションも、思うようにいかない。頭では分かってるのに体がついてこないのであれば、それほど悔しいことはないはずです。

それでも、言い訳はしない。
試合終了後、疲れているはずなのに、場内を一周して支援に感謝する熊本の選手たちに胸が熱くなります。
一緒に回ってくれた水戸の選手たちにも、本当に感謝します。

そして、水戸サポーターの皆様の声援も心に染みました。
今日、熊本は試合には敗れました。ですが、熊本は負けません。
前節の千葉サポーターの皆様のように、そして今日の水戸サポーターの皆様のように、さらに、全国の皆様が熊本を応援してくださっている限り、熊本は負けません。

チームは戦い続けます。そして、私たちは支え続けます。
順位表を見ると、どうしても下を見てしまうのですが、熊本はまだ5試合少ない状況です。
この5試合の消化は過酷なものとなるでしょう。
ですが、その5試合で勝ち点を1ずつでも獲得できれば、また浮上していけるわけです。

その勝ち点1であったとしても、今の熊本にとっては希望の源です。

次節もホーム。
ノエビアスタジアムを使わせていただけるということで、ヴィッセル神戸の関係者の皆様に深い感謝をしつつ、そして戦う姿勢を見せ続けることが、ロアッソ熊本というチームに出来ることだと感じています。


改めて、今日ホームで試合が出来たことに対して柏レイソルの皆様に感謝します。
試合後に熊本サポーターが送った言葉は、ロアッソ熊本を応援しているすべての人間の感謝の言葉です。

「サンキュー柏!」

試合結果


ロアッソ熊本0−1水戸ホーリーホック
posted by m-sat at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 火国叫楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック