2016年05月29日

'16J2第15節VS町田

ノエビアスタジアムを提供していただいたヴィッセル神戸の関係者の皆様、本当にありがとうございます。
そして、スタジアム内外で熊本の試合開催のために奔走された皆様にも、深く感謝します。

おかげで、熊本は2戦続けてのホームゲームを開催することが出来ました。



'16J2第15節

VS 町田ゼルビア

@ノエビアスタジアム神戸



試合開始1分ほど熊本の選手たちの動きを見て、明らかにこれまでの2試合と動きの質が違っているのを感じ取ることが出来ました。
ボールの奪い方、つなぎ方がかなり改善されていたように感じます。「これなら勝てる要素はあるぞ・・・」と思っていたのですが。

時間が経つにつれ、連携のミスが顔を出し始めます。
決定的なチャンスを作るも、枠に飛ばず、または相手GKの正面であったり。
なんだかですね、もう少しなんですけどね。その「もう少し」がどうなれば良くなるのかはチームでしっかり詰めていく部分なんだと思います。

ただ、試合をこなしていくにつれてコンディションが上がっていっているのは明らかです。
そして、今節も熊本サポーターの必死の声援がスタジアムに響いていました。土曜の午後ということで、仕事を終わらせて熊本から神戸へ行くことは難しい人も多かったと思います。もちろん、今も引き続き避難生活を続けておられる方々にとっても。
私も行きたかったんですけどね・・・。

そういった人たちの分まで、行ける人が行ってくれて、なおかつ他クラブのサポーターの皆様も熊本ゴール裏で協力していただいたという話も聞きました。本当にありがたいことです。
スタジアムに行けない人も、ロアッソ熊本を応援している限り気持ちはスタジアムにあります。
どうか、チームにもそれが伝わっていけばと強く感じています。

そして、対戦相手の町田サポーターの皆様のエールや横断幕。たしかに受け取りました。
「心は共にある」ということを伝えていただくだけで、どれだけ私たちも救われることか。本当にありがとうございます。

最後に、改めてヴィッセル神戸関係者の皆様、そして試合開催のために奔走された皆様、本当にありがとうございます。

「サンキュー神戸!」


試合結果


ロアッソ熊本0−2町田ゼルビア

posted by m-sat at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 火国叫楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック